ニュース

【横浜】コロナウイルス感染者が乗船の“船” 横浜の海上で約3500人検疫

新型コロナウイルスに感染していた香港の男性が一時乗っていた大型クルーズ客船は、3日夜に神奈川・横浜港に入り、4日午前6時現在も乗客乗員およそ3,500人に対する検疫が船内で続けられている。

 

新型コロナウイルス感染者が一時乗船の“豪華客船” 横浜港の海上で約3500人検疫中!!日本人1300人が乗船中!!

新型コロナウイルスに感染していた香港の男性が一時乗っていた大型クルーズ客船は、3日夜に神奈川・横浜港に入り、4日午前6時現在も乗客乗員およそ3,500人に対する検疫が船内で続けられています。

横浜・大黒ふ頭沖に停泊中の、大型クルーズ客船「ダイヤモンド・プリンセス」には、3日夜に検疫官らが乗り込み、数十人態勢で、乗客乗員およそ3,500人に対する検疫を行っている。

関係者によると、これまで7人の男女が発熱などの症状を訴えていて、ほかの乗客との接触を避けるため、個室にいるとみられている。

体調不良の人たちに対しては、新型コロナウイルスへの感染の有無を調べる検査が行われていて、感染が確認された場合、指定医療機関に入院することになる。

また、当初の予定では検疫がすべて終わり、乗客らが下船できるのは、4日の夕方ごろになる見通し。だったのですが、2月4日18時の時点で、7〜8割に方の体温測定が終わったとのことなので、下船するまでにはもう少し時間がかかるのではないでしょうか??

 

大型クルーズ船のルートは??感染源は?!

船は横浜到着前に沖縄・那覇に寄港して検疫を済ませているが、新型肺炎コロナウイルスに感染した人がいる可能性があることから異例の再検疫を決めた。

症状のある人は検査をして、感染がわかれば医療機関に入院する。症状がなければ、検査せずに下船。感染がわかった人と接触した人は自宅にとどまってもらい、健康状態をチェックしてもらう。乗客らは検査結果が出る4日夕方ごろに下船する見込み。

香港政府によると、男性は1月10日、香港から中国広東省深圳市に入り、数時間滞在。香港に戻った後、17日に飛行機で東京へ移動し、20日に横浜から乗船した。

25日に香港に到着し、下船した。船に乗り込む前日からせきが出始め、香港到着後の30日には発熱したことから、病院で検査を受けた結果、陽性反応が出たという。事です。

 

このようなデマのニュースが多数!!

このようなデマが拡散されているようですが、全くの間違いだという事です。ドライヤーなど熱により細菌がなくなることは間違いではないそうですが、仮にドライヤーを使ったとしても、正しい使い方がわからないそうですので…….。

拡散されるデマは他にもあるかもしれませんが、専門的なことが把握されていない今は、とにかく一人一人が気をつけて予防に努めた生活をしましょう。

 

アジアの主な感染者数!!

27の国と地域に感染が広まっているようです。

南米大陸と、アフリカ大陸をのぞいてほとんどの地域で感染が確認されているようです。過剰に反応しない事!!!と呼びかけながら、こういうニュースが毎日更新されていくので、不安は募る一方ですよね。

きちんとした、正しい知識を知りたいですね。政府も。新型コロナウイルスを簡易的に調べることができるものを作ったりしているそうですが、過去に起きたSARSなどを考えると、少し長期化することも考えられますよね。

いずれにしても、現状で個人ができるのは、極力人混みを避ける事や、手洗いうがい。アルコール除菌などだと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。