ニュース

相模原市が20代の男性医師のコロナウィルス感染を確認!病院はどこ?

新型コロナウィルスの感染拡大を巡り、相模原市は6日、新たに市内に住む20代の男性の感染が確認された、と発表しました。

 

相模原市が20代の男性医師のコロナウィルス感染を確認!

 

新たに相模原市の男性医師にコロナウィルスが確認されたようです。

新型コロナウイルスの感染が相次いで確認されている相模原市で、感染症指定医療機関の「相模原協同病院」に勤務する20代の研修医が感染したことが新たにわかりました。病院は6日から外来の診療を処方箋の発行に限定して対応しています。

相模原市によりますと、新たに新型コロナウイルスの感染が確認されたのは緑区にある感染症指定医療機関の「相模原協同病院」に勤務する20代の男性の研修医です。

 

相模原共同病院の場所は?

 

男性医師の症状などは?

研修医は3月2日にせきの症状が出始め、その後発熱もあり検査した結果、6日、陽性と確認されたということで、現在は入院しているということです。

感染症病床には出入りしていなかったということですが、2月感染が確認されたJR相模原駅に勤務する50代の男性社員が陽性と確認される前にこの病院で診察を受けた際、同じ部屋で立ち会っていたということです。

直接診断した医師は防護服を着ていましたが、研修医の男性は離れていたため着ていなかったということです。

病院は6日から外来の診療を処方箋の発行に限定し、すべての検査を中止して対応しています。

相模原市はこの研修医の男性と濃厚接触した可能性のある患者や同僚などが少なくとも80人はいるとして検査を行っているとともに、感染ルートを詳しく調べることにしています。