ニュース

茨城県境町の民家で夫婦殺害=顔や首に切り傷 就寝中に襲われたか?

茨城県境町の民家で夫婦殺害事件が発生!!

 

茨城県境町で2019年9月23日未明に5人家族の夫婦が首を切られて死亡する殺人事件があり、現在警察による捜査が進んでいます。

そんな茨城県境町夫婦殺人事件の犯人の顔画像や名前は明らかとなっているのでしょうか?

事件の概要も含めて紹介したいと思います。

茨城県境町で夫婦が何者かに殺される事件

 

警察によりますと23日午前0時40分ごろ、茨城県境町若林の民家から「助けて」と女性の声で110番があった。

県警境署員らが駆け付けたところ、この家に住む会社員小林光則さん(48)と妻でパート従業員の美和さん(50)が2階寝室で倒れて死亡しているのが見つかった。

2人の顔などには複数の切り傷があり、県警は殺人事件と断定し、同署に捜査本部を設置し捜査を進めているそうです。

他に被害者は?

 

県警によると、小林さん一家は、夫婦と大学3年の長女(21)、中学1年の長男(13)、小学6年の次女(11)の5人暮らし。

長男は足や腕を切られ重傷を負い、次女は催涙スプレーのようなものを噴射されて怪我もしているそうで、搬送時に両手のしびれを訴えていたという。長女にけがはなかった。

会社員小林光則さんと妻の遺体が発見された現場付近を調べる茨城県警の捜査員ら=23日午前、茨城県境町
当時小林さん夫婦と長男、次女が2階、長女は1階で寝ており、4人は就寝中に襲われたとみられる。

光則さんはあおむけ、美和さんは体の右側を下にして倒れており、2人の首や顔には刃物のようなものによる切り傷や刺し傷が複数あった。

110番したのは美和さんで、自分の名前を告げていた。県警は事件が起きた直後に、通報したとみている。

現場から凶器とみられる物は見つかっておらず、家には施錠されていない窓も複数あったことなどから、県警は外部から何者かが侵入して家族を襲ったとみて調べている。

事件の発生場所は??

 

事件が発生したのは茨城県境町若林で発生しました。周辺は雑木林に囲まれたおり、深夜は街灯もなく真っ暗のようです。

犯行の動機は??

 

周辺は街灯もなく、釣り堀に訪れる人か住人出ないとあまり人が来るようなところではないようです。そのため周辺に詳しいものでなはないか?

またはこういう場所を探し強盗目的などか??

または外人ではないか??

夫婦に対する恨みか??

という様々な声が上がっていますが、未だ詳しいことはわかっていないみたいなので近隣に住む方は特に気をつけて欲しいと思います。

随時速報などあれば報告いたします。

犯人は??

 

目撃情報としてはこの家に住む子供達の情報をもとに捜査を進めているそうですが、今のところ詳しいことは何もわかっていないようです。