スポーツ

ラグビーW杯 南アフリカ代表を徹底解析!!注目選手、イケメン、まとめ

南アフリカ代表を徹底解析

 

日本のベスト8進出が決まり、決勝トーナメント初戦は強豪南アフリカ代表となりました!南アフリカ代表は(愛称 スプリングボクス)の名で知られています。

南アフリカは、ワールドカップ出場回数7回連続7回目、優勝回数2回をほこる世界ランキング4位の強豪チームですよ!!

スプリングボクスは世界ランク5位の強豪で、W杯では王者オールブラックス(ニュージーランド代表の愛称)を倒す可能性がある国の一つと見られている。

予想通りしっかり決勝トーナメントに駒を進めてきました。

ですが、前回大会で日本は南アフリカに勝ってますからね。しかし、去年の親善試合では日本は大敗しています。

今回は必ず日本に白星を勝ち取ってもらいますよ!!

 

南アフリカ代表の愛称スプリングボクスって??

 

この動物の名前がスプリングボクスです!!

標高2,000メートル以下にあるサバンナ、砂漠などに生息しています。メスと幼獣からなる100頭前後の大規模な群れを形成し生活しています。

驚いたり、興奮すると腰の毛を逆立てながら跳躍します。この跳躍により、自身の運動能力を捕食者に知らせて捕まえようとしても捕まらないことを示すためともいわれています。

ちなみに、この愛称がついたのは

南アフリカ代表チームが1906年~1907年に英仏遠征を行ないました。このときチームの遠征マネージャーは、口の悪いロンドンのメディアが、南アフリカ代表に勝手なニックネームを付けるのではないかと危惧し、あらかじめ自分たちでニックネームを決めるべきだと提案しました。

そこでキャプテンのポール・ルースらがミーティングを持ち、南アフリカを代表する敏捷な動物であるスプリングボック(Springbok)の採用を決定。

メディアに対して、この名前で呼ばれたいと申し出た結果、デイリーメール紙が最初の練習を報じる記事で、Springboksの名前を使ってくれたそうです。

 

そんなスプリングボクスの注目選手

 

南アフリカ代表には注目選手はたくさんいるのですが、その中でも特に注目したい3選手を紹介したいと思います!!

まずは、若き司令塔ハンドレ・ポラード選手ですね!!奥様の写真付き!

 

見ての通りのイケメンです!!

名前:ハンドレ・ポラード(Handre Pollard)

身長:188cm

体重:97kg

ポジション:スタンドオフ

所属チーム:ブルズ所属

出身:南アフリカ ケープタウン

趣味:ゴルフ

好きな食べ物:

生年月日:1994年3月11日

常に冷静で決断力があり、パス、ラン、キックとすべてがハイレベルな若き司令塔と言われています。そ才能は早くから見いだされ、2013年、18歳で出場したU20チャンピオンシップで優勝に貢献。

2014年にはキャプテンとして同大会で準優勝を果たし、世界のジュニア選手の最優秀選手に選出されました。

その勢いのままとスプリングボクスでデビューを果たした後は、南アフリカ代表のレギュラーとしても定着。2015年ワールドカップにも出場した。大会終了後は日本のトップリーグのNTTドコモで1シーズンプレーしている。

2016年シーズンは怪我に悩まされたものの、2018年スプリングボクスのレギュラーを奪い返した。

ラグビー面だけでなくメンタル面でも大きな成長を遂げたポラードの正確なプレー、そしてプレースキックは今年も健在である。強力FW(フォワード)を前に出す、ポラードのプレーはライバルにとって大きな脅威となる。

奥様は幼馴染!!

 

続いてドゥエイン・フェルミューレン選手!!彼女の写真付き!!

 

豪快な突破と激しいタックルを見せるバックロー!!

名前:ドゥエイン・フェルミューレン(Duane Vermeulen)

生年月日:1986年7月3日

年齢:33歳

血液型:O型

身長:193cm

体重:118kg

出身:南アフリカ ネルスプロイト

所属チーム:ブルズ所属

趣味:ゴルフ

好きな食べ物:肉、ワイン

2015年ワールドカップでも活躍されていましたね。豪快なボールキャリアと激しいタックルを武器とする選手です!!

チーターズやストーマーズでプレーした後、2015年からフランスのトゥーロンでプレーし、2014年にはワールドラグビーの年間最優秀選手賞にノミネートされたこともある。昨年は日本のトップリーグのクボタでプレーし、存在感を示した。

スプリングボクスでは2012年からプレーして、42キャップを誇る。現在、南アフリカ代表を率いるラシー・エラスムスHC(ヘッドコーチ)とは、チーターズ時代から師弟関係にあり、指揮官の信頼も厚い。

昨年6月、南アフリカ代表がイングランド代表に勝利した第2テストマッチでは、マン・オブ・ザ・マッチに選ばれる活躍を見せた選手です。

フィジカルラグビーが武器の南アフリカを代表する選手のひとりです。攻守において激しいプレーで勝利のために身体を張る所にも注目しましょう!!

今回も活躍間違いなしの選手なので!!

こちらが彼女との1枚!!

 

最後に…マルコム・マークス選手!!彼女の写真付きで紹介!!

 

25歳にして、すでに世界最高峰のHOの呼び声が高い選手です!!

名前:マルコム・マークス(Malcolm Marx)

生年月日:1994年7月13日

出身地:南アフリカ ジャーミストン

身長:189cm

体重:112kg

所属チーム:ライオンズ

ニックネーム:ヘラジカを意味する「ムース」(moose)

身体が縦にも横にも大きく、スピードがあって足腰が強い!!いかなるぶつかり合いからも逃げない選手!!

マルコム・マークスは、普遍的に求められるラグビー選手の姿を体現した1人だ。ポジションは先頭中央のフッカー。身長189センチ、体重117キロという恵まれたサイズを誇り、首から腰までの線が図太く伸びる。

ボールを持てば力と速さを活かして防御網を破る。スクラム、モールといった味方同士でまとまるプレーでも、恐るべき馬力で塊を前進させます。

縁の下の力持ちとされるフッカーを務めながら、たくさんトライが取れる選手。それがマルクス選手の独自性でもありますね。

漢揃いの南アフリカ代表でも、22歳だった2016年にデビューしてから一気に主力選手となった。2018年には、国際統括団体ワールドラグビーが選ぶ年間最優秀選手賞にノミネート。そもそも国内では10代前半から注目されていたから、現在のブレイクは必然とも言える選手ですね!!

ちなみに彼女との写真がこちら!!

美男美女カップルですね!!

いよいよ10月20日。日本vs南アフリカ戦が行われます!!

激闘が行われることは間違いなし!!

頑張れ日本!!