スポーツ

ラグビーW杯2019 日本代表の2戦目は強豪アイルランド。徹底解析

アイルランド代表ってどんなチーム?!

 

ラグビーワールドカップ日本大会が始まり、全国各地で熱狂ムードを見せています。1戦目を終え各チームは予選プール2試合目に入っています。

開幕戦で30対10とロシア代表に勝利した日本代表(世界ランキング9位)は9月28日、静岡・小笠山総合運動公園エコパスタジアムで、第2戦目となる予選プール内でもっとも強いと言われているアイルランド代表(現在は2位)に挑戦します。

ラグビーのルールが知らない人でも楽しめるように、まずはアイルランド代表を紹介します。

まずは日本代表の先発メンバー発表から!!

 

9月28日のアイルランド戦の先発メンバーはこうなる!!

1 稲垣啓太(パナソニック、30)
2 堀江翔太(パナソニック、62)
3 具智元(Honda、9)
4 トンプソン ルーク(近鉄、68)
5 ジェームス・ムーア(宗像サニックス、4)
6 姫野和樹(トヨタ自動車、13)
7 ピーター・ラブスカフニ(クボタ、4)◎ゲームキャプテン
8 アマナキ・レレィ・マフィ(NTTコミュニケーションズ、25)
9 流大(サントリー、20)
10 田村優(キヤノン、59)
11 ウィリアム・トゥポウ(コカ・コーラ、11)
12 中村亮土(サントリー、20)
13 ラファエレ ティモシー(神戸製鋼、19)
14 松島幸太朗(サントリー、35)
15 山中亮平(神戸製鋼、14)

日本代表のキャプテン。リーチ・マイケル選手はベンチスタートするものの、ベテランのトンプソン・ルーク選手が先発で出場します。

キャプテンはピーター・ラブスカフニ選手が務めるみたいですね!!

アイルランド代表ってどんなチームなの??

 

言うまでもないですがイケメン揃いです!!笑

チームとしては、アイルランドでは何世紀もの間、激しい宗教的・政治的紛争が繰り返されてきた国です。1922年にカトリック教徒主体の南部が自治領「アイルランド自由国」として成立してからほぼ100年。イギリス統治下に残ったプロテスタント主体の北部との間には、今も敵対感情があると言われています。

スポーツも例外ではなく、サッカーでは全アイルランドの代表チーム結成は望みは薄いそうです。しかし、ラグビーでは「アイルランズ・コール」の歌詞にあるとおり、選手たちが文字どおり「肩と肩を並べて」試合に臨む。

アイルランドの歴史を考えると、非常に感慨深いものがありますよね。だってイギリスだけでも、イングランド、アイルランド、スコットランド、ウェールズ…….。日本人からしたらイギリスだけでそんなにいるの??って思いますよね。

ラグビーが独自の競技として発展し始めたのは19世紀半ばのイングランドと言われていますラグビー発祥の地とも言われていますからね。そんなイギリスの支配階級を教育するエリート向けの寄宿学校と切っても切れない関係にあったそうです。

古くから政治的に複雑な問題を抱えるアイルランド島。現在はこの島の大部分を占めるアイルランド共和国という独立国と、英国の一部である北アイルランド地域からなる。

ラグビーにおけるアイルランド代表では、この両地域から選手が選出されており、代表チームを統括するアイルランド・ラグビー協会も、行政上の国境を意識しない、統一アイルランドとして運営されています。

なんだかややこしい説明になりましたが、簡単に言うとラグビー代表だとアイルランド代表の1チームなんですが、サッカーとかになると北アイルランドとアイルランドに別れるみたいですね。

世界ランクは現在2位のアイルランド

 

アイルランド代表ははっきり言って強いです。もちろん日本も前回大会で強豪南アフリカを倒すなど、世界で戦えるだけの実力はもっています。だからこそアイルランドも全力で倒しに来るでしょう。

昨年度のラグビーテストマッチでは、Six Nation Rugby 2018覇者のアイルランドが16-9でW杯王者のニュージーランドを破り、ホームで初めてオールブラックス(ニュージーランド代表)から勝利を飾っています。

これだけ聞いただけで、あんまりラグビーに詳しくない人でもアイルランドが強いって事が分かっちゃうと思います!!

松島選手のトライに期待!!

 

世界ランキング9位の日本は26日、同2位の強豪・アイルランドとの第2戦に挑みますが、監督は好機は多くはないと….。

「不用意なキックをして相手にボールを渡してしまうと、返してくれない」と指揮官。ボールをキープして徐々に敵陣に攻め入り、状況に応じて防御網の裏を突くキックを狙う。または、防御が中央に寄った隙を見て大きく外に展開する事が得点へと繋がるだろう。言っています。

日本の強みである技術と速さでインゴールを陥れたいが、アイルランドは世界ランキング2位。22日には世界8位のスコットランドをノートライに抑えこんだ堅守を崩すのは簡単ではない。

全身でぶつかり合うラグビーは、非常に激しいスポーツです。試合中の接触で脳震盪を起こす選手もたくさんいます。

先日は乱闘シーンまでおきましたが、試合が終わればノーサイド。これが紳士であり、本当のラグビーのあるべき姿だと思います。

サポーターの皆さんも選手同様に相手チームに敬意を払いましょう。このリスペクト精神があるからこそ、スポーツっていいんですよね!!

最後までお付き合いいただきありがとうございます。他チームの情報なども随時載せたいと思います。