トレンド

宮迫博之(雨上がり決死隊の)年明けにも芸能界に復帰か?まとめニュース

宮迫博之(雨上がり決死隊の)年明けにも芸能界に復帰か?

 

特殊詐欺グループとの間で闇営業を行った問題で吉本興業との契約を解消した雨上がり決死隊の宮迫博之さん(49)が年明けにも仕事復帰する可能性があることが21日、分か理ました!!

大御所、明石家さんまさんが主催して“激励会”を来月開催予定!!関係者らを招待しており、そこがけじめの場となりそうだ。

今後はユーチューバーデビューも計画しているとの事。新たな一歩を踏み出すことになるか?!

 

宮迫さんについて

 

プロフィール

名前:宮迫博之(みやさこ ひろゆき)

生年月日:1970年3月31日

血液型:B型

身長:169cm

出身地:大阪府茨木市

学歴:茨木市立天王中学金光第一高等学校卒業

家族構成:元バレリーナで2歳年上の妻ノリコさん。2人の間には長男がいます。

浮気報道

 

順風満帆に見えていたが、2010年にタレントの木村まみの自宅から朝帰りするところをスクープされる。

そして2017年7月には、モデルの小山ひかる当時(28)との浮気報道が発覚!!小山さんはホテルにも行ってないと否定。

同年、美人編集長としても有名な佐々木仁美さんとの浮気報道が発覚!!佐々木さんはホテルには行ったが肉体関係は否定。

結局、疑惑のままで煮え切らない感じで終わっています。

宮迫さんは2012年に胃ガンが発覚。最悪な事態もささやかれる中、奥様の献身的な支えによって芸能界に復帰しましたが、女癖は治らなかったようです。

その後今年の闇営業問題が発覚。やはり悪いことをすると自分に返ってくるのか・・・・。

 

宮迫さんの謹慎から復帰までの道のり

 

宮迫さんがは闇営業問題を受けて吉本を契約解消となったのは今年の6月。発覚して、謹慎から4カ月。吉本興業が一度は謹慎処分を撤回したが謹慎状態が続いている。

さんまさんは宮迫の才能を買っており、自身の個人事務所での受け入れを表明。吉本と最終の話し合いが済んでいないものの、現在は事実上の“明石家興業”所属

専属スタッフなどサポート態勢も整っていて、激励会で正式に移籍を発表するプランも進んでいるという事です。

関係者は次のように話しています。

「宮迫も問題を起こしたことを十分に反省している。さんまさんが、今後もお笑いをやっていきたい宮迫の思いをくんで動いたと聞いている。芸人としての筋肉が衰えないうちに舞台などで復帰できればと考えているようです」

宮迫さんは謹慎期間中、台風被害に遭った地域に支援物資を届けたり、子供食堂を開くなど社会貢献活動を行っておりました。今後も続けていくと話しているようです。

吉本側はコンビとしての活動は認めており、復帰すれば相方・蛍原徹(51)との再出発も見えてくる。ネットなどでは批判の声も多いが、信頼を取り戻すため一歩ずつ実績を積み重ねていくしかないですよね。

 

宮迫博之の闇営業事件

 

宮迫は、カラテカ・入江慎也(すでに所属事務所の吉本興業から解雇)やガリットチュウの福島善成らとともに詐欺グループが主催するパーティに、事務所を通していない「闇営業」で参加し、ギャラを受け取っていたことが報じられていた。

また、そこでは持ち歌である『全てが僕の力になる!』を熱唱した上で、詐欺グループの“会長”と呼ばれた人物の妻に「1回抱きしめてほしい」とリクエストされ、実際に抱きしめていたシーンもあった。

ギャラの額は100万円で、吉本興業は7月13日にホームページで「修正申告及び寄付の実行に関するご報告」として、ギャラを税務申告していなかったため修正申告したこと、「公益社団法人全国被害者支援ネットワーク」に寄付したことなどを発表。

また、同社は「現在の吉本興業においては、あらゆる反社会的勢力との関係は一切有しておらず、今後も一切の関わりをもたないことを固く誓約・宣言いたします」とする「決意表明」を発表していた。

記者会見を見た人は覚えているかもしれませんが、結局嘘をついていたんですよね。

ファンの皆さんは本当にガッカリしたと思います。

しかし、この事件を発端に吉本興業自体のあり方が問題となり、今では極楽とんぼの加藤浩次さんは新事務所を設立し独立。

あれから4ヶ月。宮迫博之さんは、大御所さんまさんの助けにより復帰するとみられています!!

 

ネットの声