トレンド

映画「Joker」ジョーカーが10月4日に上映開始!高まる緊張と不安

あの「Joker」が再び帰ってくる。ロスでは厳戒態勢か??

 

ジョーカーは人気コミック「バットマン」を基にした2012年の映画「ダークナイト ライジング」の関連作品。

そのジョーカーが上映されるにあたって市民からは不安の声が??一体何が??

ロサンゼルス市警や陸軍が厳戒態勢を取っている

 

日米で来週から同時開催される映画「ジョーカー」が上映開始となるのを前に、陸軍やロサンゼルス市警が警戒態勢を強化している。

映画館チェーンの中には上映中の仮装を全面禁止する会社も出てきました!

ジョーカーは人気コミック「バットマン」を基にした2012年の映画「ダークナイト ライジング」の関連作品。コロラド州ではこの年、同映画の深夜上映中に銃乱射事件が発生し、12人が死亡、70人が負傷した。

今回の映画はバットマンの宿敵の台頭を描く内容で、その暗いテーマが乱射事件の記憶を呼び起こすことにつながっている。

2012年 コロラドで起きた事件って??

 

2012年コロラドで銃乱射事件が起き多数が犠牲になりました。

この現場となった映画館が、2013年1月17日に再オープンすることになったと、Deadlineが報じた。

7月20日深夜、米コロラド州オーロラのシネマーク系シネコンのCentury 16で、「ダークナイト・ライジング」の先行上映中に乱射事件が発生。観客12人が死亡、58人が負傷する大惨事となった。

その後、映画館は閉鎖され、この秋に市は映画館の処遇をめぐり住民投票を実施。その結果、過半数が映画館の再開を望んだため、シネマークは改装を進めてきた。

シネマークの最高経営責任者とオーロラ市市長は連名で、13年1月17日に同館をCentury Theater XDとして再オープンすると発表。1月18~20日は、無料で映画を公開するという。

ただし、遺族の一部は劇場側が安全対策を怠ったとして、シネマークを訴えている。この裁判は14年5月4日にデンバーで開廷するという。

この事件を忘れることは当然できない遺族。そして抱える不安。

今回の映画はバットマンの宿敵の台頭を描く内容で、その暗いテーマが乱射事件の記憶を呼び起こすことにつながっている……….

募る市民の不安。遺族の強い気持ちがある以上、絶対に無視は出来ない。

上映が始まるにあたって、仮装なども全面禁止の異常事態に…….

10月4日から日本でも上映されます。日本国内ではこんな報道はされていませんので、不安に思う人はいないと思いますが。

やはり何かに強く感化され自分を見失う人が出てきてしまう世の中。

知っておいてもいいと思いまして。

アカデミー賞は間違いないか??

 

この映画ジョーカー!!

不安を掻き立てられるニュースを報告しましたが、絶対に観た方が良いかもしれませんよ。早くも今年度のアカデミー賞は確実かな??って騒がれるほどですから。

アカデミー賞ノミネート3度

ゴールデングローブ賞受賞

カンヌ国際映画祭男優賞

ヴェネツィア国際映画祭男優賞 稀代の名優ホアキン・フェニックス一世一代の熱演が、この世界を揺るがしますよ。

ネットの反響も紹介したいと思います。

ネットの反響!!

 

映画が好きな方。是非劇場に足を運びましょう!!